坐骨神経痛のヨガ対策

坐骨神経痛のように特定の疾患や外的要因だけが原因とは言い切れない体の歪みに、ヨガは良い影響を与えます。体と心のストレスを取り除き、心身ともに健全で幸福感に満たされた状態を目指すのが、ヨガの目的です。

 

ヨガの良いところは、正しい方法で続ければ脊椎や骨盤の歪みが正されることです。腰や下肢にかかっていた負担を解消することができるので、坐骨神経痛の痛みの軽減にも期待がもてます。

 

ヨガマット一つあればいつでもどこでも行えるヨガですが、正しい呼吸法やポーズをマスターするためには専門指導を受けるのが一番です。ヨガスタジオはしずかで穏やかな空気に満ちていますから、坐骨神経痛の痛みやしびれの緩和にも役立つことでしょう。

 

ただし、ヨガスタジオは医療機関ではないため、坐骨神経痛の原因となる疾患には治療効果を期待することができません。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の治療は、病院でしっかりと治療を受ける必要があります。

 

坐骨神経痛の人がヨガを始める場合は、先生に自分の体の状態を伝えておいたほうがよいでしょう。腰痛や肩凝り、冷え性など、数あるポーズの中から坐骨神経痛の改善に適したものを選んで、プログラムを組んでもらえます。

 

ヨガにはたくさんのポーズがありますが、その中からいくつかのポーズをしっかりマスターするだけでも十分効果があります。自宅でも行えるように、きちんと覚えていくようにしましょう。

 

しばらく続けているうちに、腰や骨盤を中心とした体全体がしなやかになり、足の運びが軽やかになったことを感じるでしょう。そのような実感が得られたら、坐骨神経痛もかなり軽減されているはずです。